老人ホームで働く入り口を見つけ出すためにも

床材として最も多く使われていると言われているのがオーク材になります。
もう少し細かくいいことを言うことになりますとブナ科コナラ属の落葉広葉樹になります。
ホワイトオークやスワンプホワイトオーク、チェスナットオークなどがあります。
基本的に重くそして硬いという構造になっており、液漏れがしないので床材として非常に優秀であるということは間違いないでしょう。
何より、安いです。
ですからうまくすれば相当に安く仕上げるということができます。
見栄えも決して悪いことではないので、基本的にこれを選択するというのは良いのですがフローリングではなくタイルの床にするという選択肢もあるということは理解しておきましょう。
タイル床は水がまったくしみこまないのでその点がメリットとなります。
但し、あまり住宅にタイルの床というのは相応しくないことも多いのですが、実現可能性としては十分にありえることになりのますから、検討してみる価値はあるといえるでしょう。